学習塾を比較

学習塾のメリット・デメリット







■集団塾■

集団塾とは、クラスが成績順で編成されている塾であらかじめ用意されたテキストを使いながら、先生(塾)が学校と同じ授業形式で進めていきます。

授業としてのペースは、クラスによっても違いますが
学校の授業より大体1ヶ月前後進んでいる所が多いです。

授業の内容自体は、学校の授業の内容と比べてより高いレベルの内容を教えています。
集団塾は、クラス単位でカリキュラムが違いますし
教える講師もクラス単位で異なっています。



 集団塾のデメリット

集団塾は、学校の成績が3〜5段階ぐらいあるお子さんに、向いていると言えます。
理由としては、授業形式が一斉指導の為、基礎学力があまり身についていない子
にとってはただの一方通行の講義になってしまうからです。
授業形式は個々に合わせた授業ではなく、全体に合わせた一斉授業のため
先生は一人一人が理解していないのか確認しづらいという点が挙げられます。

 集団塾率のメリット

集団塾の一番のメリットは、競争心を生徒に植え付けさせるという点です。
言い方は、あまりよくありませんが、向上心がそこで生まれます。
生徒達のクラス分けを成績別にして、クラスによって講師とカリキュラムも違うため
クラス分けテストを繰り返しながら、生徒達も高みに登る為もに
努力を惜しまない環境を目指しています。


■個別塾■

一つ一つの机がブース内で分かれており、各生徒はそこでで勉強を行います。
塾が前もって用意した問題集やプリントを解いて、
わからない問題を塾の先生に質問するタイプの塾です。
先生1人に対して生徒が1人の1対1のコースと、先生1人に対して生徒が2〜3人くらいの
1対2〜3のコースの2パターンがあります。
当然1対1だと、1対2〜3に比べて料金の方は高くなります。
進学塾に比べると、1対少数なのでその子の段階に合わせた指導もしやすい塾です。

 個別塾のデメリット

個別塾のデメリットに関して言えば、パターンはいろいろありますが
今回は、1対1の場合と1対2〜3の2パターンについて紹介します。
もし、先生一人に対して生徒が二人の1対2の個別塾の場合
週1回で90分指導を受けていても、生徒が同じ教室に2人いれば
実際に一人頭授業を受けれる時間は半分の45分になってしまいます。
そして生徒が3人いれば、さらに一人頭受けれる授業時間が30分と短くなります。
自分から質問できない生徒は1対1で教えてもらえる時間はほとんどないことになります。
個別塾はどうしても割高な所が多いので、初めに予めわからない問題を用意して
授業を受けないと時間とお金がもったいないと言えます。
個別塾は大学生が講師をしている場合が多く、先生が週ごとに変わる塾もあるようです。

 個別塾のメリット

個別塾は、わからない所をわかるまで教えてもらえる所が一番のメリットと言えます。
進学塾に比べて一斉授業ではないので、生徒のレベルに合わせて指導する事が出来るのです。
ブースで区切られている個別塾も多いので、比較的まわりを気にせず質問しやすい環境で
勉強する事が出来ます。



進学塾がいいのか個別塾がいいのかはお子さんの状況性格によって
どちらの「環境」が良いのは違ってきます。
では、今お子さんの取り巻く環境は、一体どういったものなのか?
アンケートをもとに子供たちの現状を探ってみようと思います。
こちらをご覧下さい学習サーチ1










HOME サイトマップ 学習環境について 学習塾を比較 学習サーチ!1 ネット学習1
                                     学習サーチ!2 ネット学習2
                                                ネット学習3

Copyright © 2011 - 2019 kaizen.ggo.jp